Image_alt_Country

会社概要:Slice社とは?

スライス誕生まで

Slice社は、2008年にTJ Scimone氏とその他著名デザイナーの共同協力を経て創立しました。日常で使用される一般的なハンドツールをより安全で使いやすくと言う願いを製品化し、生産性の向上、コスト削減、労災・怪我の発生率の低減を目指した多種多様なカッターナイフが注目を受け、数々の賞を受賞。そして現在では、世界中の様々な主要産業で活躍の場を広げています。

また、Slice社創立は、誰もが安心して使えるツール開発を目指すと共に、Scimone氏の長男が患う自閉症の長期的な介護費用を募る相互目的もあり、Slice社の売り上げの1%は自閉症研究に寄付されています。

Sliceでは、安全性、革新、品質、容易性、そして私達を取巻くコミュニティーに多大な理解と焦点を置き、日々の業務に勤めております。ツールデザインからカスタマーサービスまで、当社の徹底した価値観を認識して頂けるのでは無いでしょうか。

Sliceの経営理念

Sliceでは、以下の経営理念を元に開発と経営を進めております。

  • 安全性: 怪我の軽減と労災事故の防止
  • 技術革新:「安全」と言う課題を見直し、常に広い視野と理解を持ち活動
  • クオリティー: 高品質の製品開発と共に築くお客様や関連企業との高い信頼関係
  • 社会貢献: 自閉症研究に1%を寄付
  • 容易性: 直感的に使用が可能で使い易いプロダクト・お客様との明確なコミュニケーション
Slice logo - Cut Safe

最先端のアイデア= 優れたデザイン性

当社の概念である革新的・最先端の思考とデザインを反映させるべく、著名デザイナーとのコラボレーションより、安全性と人間工学を駆使、より効果的な工具を求め、多様な要素を含んだプロダクトを創造・設計しています。結果、耐久性と功能が高く、無駄のないスタイリッシュな工具を数多く生み出して来ました。

Sliceでは、ボックスカッター、ユーティリティーナイフ、ペン型カッター、アートナイフなどの一般的なツールをより安全な形で開発設計しております。当社独自のセラミック製マイクロ刃テクノロジーを開発し、プレシジョンカッターや安全カッター等のユニークな製品にその要素を取り入れています。左右両手使用が可能な設計も大半の製品に取り入れ、替刃の交換作業には、交換用工具等が不必要となる様にデザイン過程を進めています。

Slice, Incは米国安全技術者協会 (American Society of Safety Engineers, ASSE)と、全米安全評議会 (National Safety Council, NSC)の会員です。

ASSE and NSC

安全性は替刃から

持ち手のデザインが軽減する使用者へのリスクが僅かであると言う点より、Sliceでは、替刃本体の再考慮・設計を実行。
持ち手のデザインが軽減する使用者へのリスクが僅かであると言う点より、Sliceでは、替刃本体の再考慮・設計を実行。

安全カッターナイフ・ブランドの大半が持ち手のデザイン改良を重視し、労災リスクの軽減に取り組んでいます。有効なアプローチではある反面、安全性の問題解決としては不十分とも言えます。実際に人体を傷つけてしまうのは持ち手、替刃のどちらと言えるでしょうか。Sliceでは、独自の高品質セラミック製替刃を用い、労災の中核とも言える替刃本体から再設計を試みました。

スチールは比較的柔らかく鈍化の早い素材であるため、製造各社はスチール刃の切れ味を長期化する手段として刃を鋭く研磨する事が必要不可欠です。このスチール製ナイフを長く使用する為に犠牲となるのが作業者の安全性への影響です。 Sliceでは、スチールに比べ非常に硬い素材である酸化ジルコニウムを100%使用し、替刃を鋭く研磨する必要性無しに長寿命を維持する事を実現。 スチール、ステンレス等の鉄製替刃より約11.2倍も切れ味を持続、さらに指先や手で触れる事が可能な替刃として、特許を取得しています。

刃の厚さの違いは明確で、金属刃は容易に皮膚を傷つける事が可能な反面、Sliceのセラミック刃で皮膚を切るには
より強く皮膚に圧力をかける必要があります。
刃の厚さの違いは明確で、金属刃は容易に皮膚を傷つける事が可能な反面、Sliceのセラミック刃で皮膚を切るには より強く皮膚に圧力をかける必要があります。

Sliceの替刃には厚みがあり、刃の幅が広く、先端に位置する小型のマイクロ刃部分が実際の裁断を行います。独自のグラインド角度調整により、素材を効果的に切る事が可能かつ皮膚を切る事が難しい刃の構成になっています。Sliceの刃は素材に触れる際に圧力が分散されるため、手の硬い表層を破るには薄い刃先の金属刃よりはるかに強い圧力をかける必要があります。

金属刃と比較した際のSliceセラミック刃の利点:

  • 錆びない
  • 不活性
  • オイルや潤滑剤不要
  • 摂氏1600℃まで熱に対応可
  • 非発火性、非伝導性、非磁性
  • メンテナンス不要
  • クリーンルームで使用可

製品について更に詳しい詳細は “なぜSliceセラミック?”をお読みください。

主要製品

Sliceユーザーの幅広い業界種より得る現場からの声を大切に、最先端のデザインを駆使したセラミック刃製品各種を拡大し、以下のカテゴリーで製造設計を行っています。

ボックスカッター: レッド・ドット・デザイン賞受賞、Jフック型持ち手のボックスカッター。

ユーティリティーナイフ: スマートテクノロジーやエルゴプル式など、独自の技術を取り入れた多様な形状とサイズを用意。

プレシジョンナイフ: 細やかで繊細な裁断に。グッドデザイン賞受賞のプレシジョンカッターを含む。

替刃: 鉄製刃の11倍長持ち、手で触れる事ができるセラミック刃。

セラミック製ハサミ: 軽量で小型の安全ハサミ。

セラミック製スカルペル: MRIでの利用や細やかな作業に適した非磁性で軽量のスカルペル。

Sliceブランド利用企業

労災事故の軽減と経費削減に一翼を担い、半数以上の全米上場企業の上位1000企業より厚い信頼を受けるSlice社。様々な業界での特殊な用途に適応した工具をお客様と共に開発しています。

Our customers

当社をご利用頂いているお客様の業界・業種:

  • 包装資材産業
  • 製紙業と森林・木材
  • 化学薬品
  • 防衛産業
  • 機械・産業工学
  • 航空宇宙産業
  • バイオテクノロジー産業
  • 病院・医療/ヘルスケア産業
  • 医療機器
  • 建築資材
  • 自動車関連機器
  • 石油とエネルギー
  • 電力業界
  • 物流/倉庫業界
  • 電気/電子機器製造業
  • 医薬品産業
  • プラスチック工業
  • 建設・土木業界
  • 印刷
  • 鉱業・地下資源

各種企業への労災事故の軽減、生産性向上、経費削減等にどの様にSlice社が貢献しているのかを更に詳しくご案内します。 ここからケーススタディをご参照下さい。

国と言語を選択してください。

NORTH AMERICA

Latin America and the Caribbean

ASIA PACIFIC

EUROPE

お問い合わせ