Image_alt_Country

国際規模の工業、製造業者がSliceに移行して安全ナイフの有効性を向上

Flowserveの社員は彼らの強い安全文化を誇っています。マサチューセッツ州ローレンスに位置する工場では切り傷を減らすよう努力しており、社員には金属製の伸縮式安全ナイフが付与されていました。残念ながらMike Nullは、それは過剰に安全で「効率性ではなく頭痛の種となった。金属刃のナイフは役に立たなかった。」と語ります。金属製安全刃は裁断中に格納してしまい、ユーザーの安全は保たれますが箱を思うように裁断することができません。

当社では約100万時間、三年半の間、時間のロスになる事故は発生していません。

Flowserveの機械技師Steve Marsenはもっと有効なツールを探しつつSliceボックスカッターを試そうと決断しました。 社員たちはその発見に感銘しました。 Mike Null がSliceボックスカッターについてを「持ち手と刃に力を込められるのが気に入っています。」 と語ります。セラミック製刃が裁断に効果的であるとともにボックスカッターの刃が意図的に短く安全であることを社員たちは高く評価し、「ケガをしてしまうことはほとんどあり得ない。」と語ります。

FlowserveはSliceの裁断用ツールのテスト法を理解しています。 ボックスカッターは常時使用されますが、常に使用中のユーザーを安全に保護します。 「当社では約100万時間、三年半の間、時間のロスになる事故は発生していません。」

  • 3年半

    または約100万時間、三年半の間、時間のロスになる事故は発生していません

  • 減少

    非効果的な安全金属刃からSliceへ変更してからの不満度

サクセスストーリーズ

国と言語を選択してください。

NORTH AMERICA

Latin America and the Caribbean

ASIA PACIFIC

EUROPE

今すぐご連絡を